海外転送サービスの比較

海外に住んでいて日本の物が欲しい時など、日本のショッピングサイトで海外から直接買い物ができたら良いのですが、必ずしも海外に送ってくれるとは限りませんよね。両親や友人のところに送り付けて、日本に行った際に受け取るというのも手ですが、すぐに予定がなかったりで、欲しい時に品物が受け取れないのは良くないですよね。両親や友人に海外に送ってとお願いしたいけど、インボイスを書けとか、ちょっと知識が必要になるので簡単に頼むことが難しいですよね。

でも大丈夫、両親や友人に代わって品物をあなたの海外の住所に転送してくれるサービスが存在します。方法は業者によって多少変わりますが、まずは業者に登録して送り先の日本の住所を教えてもらって、そこに品物を送って、日本から海外への送料と手数料を支払うだけです。

forward flow

転送サービスの流れ

いろいろなサイトで買い物をして、一つの箱にまとめて梱包して転送してもらえるサービスもあります。サービスに手数料がかかったりしますが、送料を抑えることができますね。

日本から海外へ品物を転送してくれる業者を比較のためリストします。情報は古くなってしまう可能性がありますので、各サイトで詳細を確認してください。

業者名転送手数料送料支払方法まとめ梱包
転送サービス.com無料EMS割引送料(5-10%OFF)PayPal
クレジットカード
未対応
転送JAPAN0円(-300g)-150円(-30kg)EMS割引送料(5%OFF)PayPal
クレジットカード
対応
転送コムEMS 50円(-500g)-5,000円(-30kg)EMS
国際小包
船便
小形包装物
PayPal
クレジットカード
対応
2nd Post.netEMS 370円(-300g)-3,970円(-30kg)EMS(10% OFF)PayPal
クレジットカード
対応
御用聞キ屋EMS 300円(-300g)-5,490円(-30kg)
国際小包 390円(-300g)-5,490円(-30kg)
小形包装物 390円(-300g)-1,690円(-5kg)
EMS
国際小包
小形包装物
PayPal
クレジットカード
銀行振込
郵便為替
対応
スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!