変圧器(Step Down Transformer)について

生活
スポンサーリンク

すべての家電をシンガポールで購入するという選択肢もあるのかもしれませんが、電子ピアノであったり、ゲーム機であったり、キッチン系の家電であったり、日本で使っていた家電をそのまま利用したいものも多いです。

シンガポールは230VでBFタイプ

シンガポールはコンセントの形状がBFといわれるもので、230Vですので、当然コンセントはそのまま挿さらず使えません。

シンガポールのコンセント
シンガポールのコンセントは基本的にBFタイプで電圧は230Vです。四角い穴が三つ開いているタイプです。横に必ずスイッチがついています。日本と違って電圧が高いですから、抜き差しするときに必ずOFFにして行います。 電源プ...

大抵のACアダプターは230V対応

ACアダプターを使うものだったり、PCの電源だったりは結構230V対応してるので、コンセントの形状を変換するアダプターをつけるだけで使えます。大抵のアダプターにはINPUTの記載があって、100-240V~50-60 Hzのように書いています。

100Vから240Vの交流で、周波数は50から60Hzということですね。こういうものであればOKです。ただ任天堂などのゲーム用のアダプターなどは対応してないので注意が必要です。この手のアダプターはシンガポールでも安く買うことができます。

変圧器で100Vに変換して使う

このように日本で買ったものの中にも230Vでも大丈夫なものもあります。しかし残念ながらほとんどの家電は100Vにしか対応していませんよね。そういった場合には変圧器で230Vを100Vに変換して使う必要があります。

流せる電流の大きさで値段が高くなる

変圧器は流せる電流が大きくなればなるほど高価になりますし、重くなります。大体日本の家電量販店で大体1500W程度で2万円くらい、500W程度で1万円くらい、100W程度で3千円くらいでしょうかね。

日本の家電には日本製の変圧器

シンガポールでも中国製が買えなくないですが、あまり品質が良くないと聞きます。100Vの出力に満たなかったり、明らかにオーバーしていたり、100V出てても電源を入れるとブレーカーが良く落ちたりといった具合です。

アメリカ向けの110Vの商品もありますが、これも日本の家電に適さないことが多いです。やはり日本製が圧倒的に良いです。

コンドのブレーカーもチェック

でもワット数が大きい家電を使っているとブレーカーが落ちることが多いですね。変圧して1500W使いたくても、もとの230Vで電流がブレーカーの容量を超えると落ちます。うちもヘルシオを持って行ったのですが、ブレーカーが落ちまくるので使用を控えています。

コンセントによってつながっているブレーカーが変わってくるので、より大きな電力が流せるブレーカーとつながっているところにつなぎ変えると良いです。

シンガポールでの変圧器の入手方法

日本でいくつか変圧器を手に入れて、会社の同僚から引き受けたりで十分かなと思っていても、実際現地に引っ越して、部屋のレイアウトとか容量とかで、結局もう一台あればとかという事態になります。

そういった場合は急ぎでも無いですし、たとえばお役立ちフリーマーケットのような掲示板とかで探して調達することもできますね。ここだと日本製を手に入れることができますし安心ですよね。

まとめ

日本製の変圧器は多少古くても故障するものではありません。日本で多めに買う必要はないと思います。最低限を買って来星して、必要に応じて知り合いやお役立ちフリーマーケットを通じて手に入れることで良いかと思います。

コメント