シンガポールでの手紙の出し方

シンガポール国内に封筒で手紙を送るにはどうしたらよいかについてまとめます。

封筒の準備

スーパーや文房具屋で封筒を手に入れましょう。シンガポールの定型のサイズはC5, C6, DLになります。C4も定型ですが、切手代がちょっと高くなります。

C4229 x 324 mm9.0 x 12.8 in
C5162 x 229 mm6.4 x 9.0 in
C6114 x 162 mm4.5 x 6.4 in
DL110 x 220 mm4.4 x 8.8 in

DLだとA4を三つ折りにしてちょうどです。C6はA4を四つ折り、C5はA4を二つ折り、C4はA4がそのまま入ります。

切手の準備

送りたい封筒のサイズと、重さによって切手代が変わっていきますので、調べておく必要がありますね。A4、1枚4g程度ですので、5枚までは20gで、10枚くらいまで40gといった感覚でよいと思います。

切手は郵便局、駅などにあるSAM、コンビニなどで手に入ります。

SAM

SAM

国内郵便の切手代

C5, C6, DLは標準定型の切手代が必要です。C4までの定型は大型定型の切手代、それ以外は定形外の切手代になります。下の表のように重さで切手代が変わってきます。

重さ(まで)標準定型大型定型定形外
20g$0.30$0.60$0.60
40g$0.37
100g適用外$0.90
250g$0.90$1.15
500g$1.15$1.70
1kg$2.55
2kg$3.35

日本までのハガキの切手代が$0.60なので、30¢二枚で対応できるので30¢の切手は常備しておきたいです。

ハガキは240 x 162mmまで標準定型の30¢で大丈夫です。

宛名の書き方と切手の位置

シンガポールの宛名の書き方と切手の位置は、国際ルールと同じです。日本は特殊なので戸惑う方がいらっしゃると思いますので、図にしてみました。以下を参考にしてみてください。

address

宛名の書き方

手紙は郵便ポストに

あとは切手を貼って郵便ポストに入れるだけです。といっても至るところに郵便ポストがあるわけではないですね。ある場所がわからない場合は、Singapore Postのページから探せます。国内はSingaporeの投函口に、海外の場合はOther Countriesの投函口に投函して終わりです。

posting box

郵便ポスト

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

シンガポールでの手紙の出し方
この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!