シンガポールでの住宅選びの流れ

住宅に関して、まずは赴任が決まって住宅が決まるまでの大まかな流れについて説明したいと思います。会社によって多少違うかもしれませんが、大体同じと思います。

任地によっては社宅として候補が限られていたり、社宅がなければ自由に探すことになると思います。私の会社では、シンガポールではエージェントを通して自分で探す必要があります。
日本にいる間に会社から予算を言い渡されます。シンガポールは物価がかなり高いので、渋谷区にマンションが借りれるくらいの額でも、シンガポールではそれが一般的だったりします。

予算が決まれば、エージェントに希望を伝えて候補の絞り込みをします。私の場合は正月明け赴任で、12月はクリスマスホリデーでほぼ休暇だったので一回メールで伝えたきりでおしまいでした。本来であればここで、いくつかの候補を決めておきます。

現地に着くと、しばらくはホテル住まいです。私の場合は2週間で物件を決めるよう会社から言われました。まあ長くて1か月なんでしょうね。でもこの時間は正直短かったです。物件は常に動いているので、タイミングが重要ですので、なるべく長く期間がとれた方が圧倒的に良いです。逆にぐずぐずしてると物件はすぐに埋まってしまいます。

業務の合間に不動産めぐりツアーを行います。短い時間で5つくらいの物件を回ります。このなかでよい物件があれば、エージェントに伝えて交渉してもらいます。予算より少しくらい高い物件でも値下げ交渉してもらいます。もちろん気に入った物件がなければもう一度です。エージェントが交渉に負けてきてももう一度です。

私の場合は小学生の子供がいて日本人学校のバスルート上の物件にする必要があり、そこに一番苦労しました。新しめの物件はルートにないことが多いので、古い物件を避けていると物件探しは難航します。もちろん予算的に上に行ければそれほど苦労はないのですがね。

私の場合は3~5物件回るツアーを4回やって決まりました。そのうち5物件ほどは希望を出したのですが、先に決まってしまったり、値下げに失敗したりでなかなか決まらなかったですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!