海外からの閲覧禁止サイトの回避方法

生活
スポンサーリンク

Hulu、NetfilxやPrime Videoなど動画閲覧系のサービスを中止に海外からのアクセスを禁止しているものがあります。実際に海外からそういったサイトを利用しようとすると「海外からは閲覧できません。」などのメッセージが表示されてしまうことがあります。

ただでさえストレスの多い海外生活で、インターネットも隔離されてしまうというのはひどい話です。日本人であれば日本のドラマや字幕付き映画とかでストレスを発散したいと思うのは当然です。

でも大丈夫です。VPNを使うと日本にいるかのようなインターネット環境を手に入れることができます。その方法をお教えします。

スポンサーリンク

海外からの閲覧を禁止しているサイトの仕組み

インターネットなのにどうして海外からのアクセスだとわかるのかというと、それはIPアドレスから登録されている国、都市名などの情報がわかるからです。StarHubとかからアクセスしているとすぐにシンガポールからのアクセスだとばれてしまいます。

例えば、IP Locationのようなサイトに行ってみれば、今使っているIPアドレスがどこの場所のものかがすぐに分かります。

日本のIPアドレスを使えば分からない

シンガポールのIPアドレスを、日本のサーバーのIPアドレスに変換してくれるようなサービスを使えば、海外からのアクセスを禁止しているような動画サイトは、日本からのアクセスだとみなして拒否しなくなります。

このようにあるIPアドレスから、別のIPアドレスに変換することはVPNを使うとできます。

VPNって難しそう

VPNの仕組みとか、本来の用途とか、知らなくて大丈夫です。必要なのは日本にあるVPNサーバーを提供してくれるサービスプロバイダーを決めることと、自分のPCや携帯にVPNの設定ができることです。ちなみにアメリカにVPNサーバーがあればアメリカのIPアドレスも使うことができますね。

動画サービス側も対策してきている

でもVPNを使って自分があたかも日本にいるように見せても、なぜかばれてしまうことがあります。実はVPNのIPアドレスがVPNサービスを提供しているものだとばれてしまうと、そのIPアドレスがたとえ日本のものであっても、拒否されてしまうこともあります。

ですのでVPNサービスに契約するときには無料お試し期間とかで自分が使いたいサイトがアクセスできるか確認が必要です。

私もセカイVPNをはじめいくつかのVPNサービスを使ってきましたが、ある日突然Huluが使えなくなって、それ以降はVPNに接続してもダメになってしまいました。基本的に大手のVPNサービスはほぼすべて利用できなくなっています。最近マイIPも同様に利用できなくなってしまいました。

VPNサービスの選び方

VPNサービスは数多くあります。その中でどのVPNサービスが良いか、選び方を説明します。

無料のサービスは危険

無料のVPNはそもそも接続できなかったり、つながっても遅いので動画では使えないことが多いのと、つながっても危険な場合がほとんどです。通信を傍受したりマルウェアを入れて情報を抜くことで無料にしているので危険です。

表向きは研究用としていても、実際にそこに登録してサーバーを提供している人たちはその筋の方々なので気を付けてください。

VPNサービスを選ぶポイント

VPNサービス選びのポイントをいくつか紹介します。

無料お試し期間がある

動画を見れるくらいの性能が出るかは、実際に試さないとわかりません。日本国内で高速に通信できていても、海外まで行く過程でパフォーマンスは劣化していきます。どういった経路をたどっていくかに依存するのですが、これは実際につないで試さないとわかりません。

必ず無料お試し期間があるVPNサービスを選んで、実際に動画をみて試す必要があります。

お試し期間中にいろいろな時間帯で接続してみてください。サーバーが混んでくると接続が切れたり、サーバーに接続すること自体が難しくなることがあります。こういったところは避けるべきです。

料金は1,100円以下

日本の有料のVPNサービスは、おおよそ月1,100円くらいが相場だと思います。海外は長期契約をすると安くなることが多いですが、月単位にすると高いのが特徴です。

海外生活が長期間とわかっていても、そのVPNサービスがいつ動画閲覧サイトから排除されるかわからない状況で長期の契約をするのは危険です。ですので月単位ぐらいがちょうどよいです。使えなくなったら乗り換えればよいということです。

接続数は2,3個は必要

同じアカウントで同時に何台つなげるのかを大抵制限しています。家のFire TVとか、スマートフォンとかタブレットとかPCとか端末は複数あるのが普通ですし、当然家族も同時に利用したいと思います。

同時接続数が1つだと家族での利用は厳しくなります。3接続くらいはできるほうが使い勝手が良いです。

専用アプリを入れさせないところ

一概には言えないのですが、専用アプリを入れさせるところは非常に怪しいです。OS標準やOSSでできるVPNですが、わざわざ専用アプリを入れさせるのには大抵裏があります。通信の秘匿性を守るためにもこういったVPNサービスは避けたほうが良いです。

おすすめVPNサービス

手前味噌ですが、おすすめのVPNサービスはuseusdVPNです。海外生活者のために海外生活者が立ち上げたVPNサービスで、安定して接続でき、快適に動画を見ることを目的に立ち上げたサービスです。

月会費も850円で、同時接続数は3となっています。OS標準の設定が使えて簡単にセットアップできます。14日間の無料期間もありますので、もしよろしければ是非お試しください。

useusdVPN
海外滞在者向け会員制VPNサービス

コメント