海外からの閲覧禁止サイトの回避方法

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外からの閲覧を禁止しているサイトの仕組み

動画閲覧系のサービスなど海外からのアクセスを禁止しているものがありますが、実際に海外からそういったサイトに入ると「海外からは閲覧できません。」などのメッセージが表示されてしまうことがありますよね。それはIPアドレスから登録されている国、都市名などの情報がわかるからです。StarHubとかからアクセスしているとすぐにシンガポールからのアクセスだとばれてしまいます。

例えば、IP Locationのようなサイトに行ってみれば、今使っているIPアドレスがどこの場所のものかがすぐに分かります。

日本のIPアドレスを使えば分からない

シンガポールのIPアドレスを、日本のサーバーのIPアドレスに変換してくれるようなサービスを使えば、海外からのアクセスを禁止しているような動画サイトは、日本からのアクセスだとみなして拒否しなくなります。このようにあるIPアドレスから、他のIPアドレスに変換することはVPNを使うとできます。

VPNって難しそう

VPNの仕組みとか、本来の用途とか、知らなくて大丈夫です。必要なのは日本にあるVPNサーバーを提供してくれるサービスプロバイダーを決めることと、自分のPCや携帯にVPNの設定ができることです。ちなみにアメリカにVPNサーバーがあればアメリカのIPアドレスも使うことができますね。

動画サービス側も対策してきている

でもVPNを使って自分があたかも日本にいるように見せても、なぜかばれてしまうことがあります。実はVPNのIPアドレスがVPNサービスを提供しているものだとばれてしまうと、そのIPアドレスがたとえ日本のものであっても、拒否されてしまうこともあります。

ですのでVPNサービスに契約するときには無料お試し期間とかで自分が使いたいサイトがアクセスできるか確認が必要です。

私もセカイVPNをはじめいくつかのVPNサービスを使ってきましたが、ある日突然Huluが使えなくなって、それ以降はVPNに接続してもダメになってしまいました。それでもまだ使えるVPNサービスは残っています。

VPNサービス

無料のVPNはそもそも接続できなかったり、つながっても遅いので動画では使えないです。有料のサービスを選ぶことになります。

有料のVPNサービスは、おおよそ月1,000円くらいが相場だと思います。あと家で、携帯で、家族でと考えると3接続くらい同時接続できたほうが使い勝手が良いです。

海外のVPNサービスも数多くありますが、海外のものは日本にサーバーの数が少ないのと、IPがばれてしまっていることが多いです。あと独自のソフトを入れさせられて色々と変更されてしまうのは、ものすごく抵抗があります。

いろいろ試しましたが、結局日本のVPNサービスが良いと思います。セカイVPNが使えなくなったのは本当に残念です。

お勧めはuseusdVPN

動画配信サービスの対策に邪魔されないおすすめのVPNサービスはuseusdVPNです。

useusdVPNは名前からも分かるように、独自に立ち上げたVPNサービスです。ほかのVPNサービスが今一つということもあって、動画を快適に見るために独自にサーバーを立ち上げたのですが、これと同じサーバーをいくつか立ち上げてサービス提供することにしました。

もしよろしければ、お試しください。

海外から動画閲覧サイトなどが見れなくて困っていませんか?解決策があります。
海外に住んでいると日本語で、日本語の字幕で映画やドラマをみたいと思うものです。 しかし日本のNetflixやH…

コメント