シンガポールの住宅の種類

日本だと、マンション、アパート、戸建てとかでそれぞれのイメージがわくと思いますが、シンガポールの住宅事情は日本と大きく異なります。大抵はシンガポールには外国人が主に住むコンドミニアムと、シンガポーリアンが主に住むHDBという公営住宅に分かれます。

コンドミニアムもHDBもマンションのようなものですが、コンドミニアムにはプールは当然として、テニスコートやジムなど様々な共用設備がついてきます。HDBにも高級なものも実はあって同様にプールなど共用設備を備える物件もあります。でもセキュリティとか、清潔とかを求めるとHDBは厳しいですかね。コンドミニアムもそこらへんばらつきがあってHDB並から、とてもしっかりしているところと差が大きいですね。

シンガポールにも数は少ないですが戸建てはあります。ただ大抵は大邸宅で、部屋にはメイド、外には庭師、交通の便は悪いですから当然家族にそれぞれ運転手とか当たり前の世界です。当然維持費が高いですから、賃料以外の出費が気になりますね。セミデタッチというテラスハウス的な物件もありますね。

マイナーなものとして、コンドミニアムと同じ民営ですが共有施設があまりないアパートメントや、半分ホテルのように掃除やベットメーキングがついてくるサービスアパートメントというのもあります。アパートメントは比較的安いので、一人暮らしで寝るだけとか、特にプールなど必要ないのであれば、アパートメントを選ぶのは合理的だと思います。サービスアパートメントは短期で住むのには良いと思いますが、普通にメイドを雇ったほうが圧倒的に安いです。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!