シンガポールからRoyal Caribbeanでクルーズ旅行

船に乗ってクルーズ旅行に出かけるのはやはり天気が良くて暖かい季節が良いと思うのですが、シンガポールは短い雨季を外せばほとんどがクルーズに最適ではないでしょうか。シンガポールから出航する船は色々とあるのですが、今回はRoyal Caribbeanを紹介します。他のクルーズ会社もリンクしておきます。

予約について

予約はRoyal Caribbeanのホームページから行えます。予約と同時にカードで支払いも行います。旅行会社でも扱っていたり、よくRaffles Cityでキャンペーンを行っているのでそこでも申し込むことが出来ますね。

目的地について

船の目的地は、主にマラッカ海峡方面でPort Kalang、Penang、Langkawi、Phuketなどで、南シナ海側に航路をとってHo Chi Minhなどに行くこともあります。時期によって組み合わせて日程が長いものや、一か所だけを目的地にして日数が短いものなど色々なバリエーションがあります。どこにも寄ることなくシンガポールに戻ってくるものも時々あります。稼働している船は一隻くらいしかなくてそれが色々な航路でスケジュールされるので、行きたい時に行きたい場所に船が出ているとは限りません。

日程について

一番短いもので3泊からで、長いのはHo Chi MinhとかHong Kongだと10泊近いのものもあったと思います。

3泊で週末がうまく割り当てられている船の場合だと、金曜日の午後と、月曜日の午前中少し休むくらいで行けます。船は出航日の11時くらいから乗れるので朝から休んだほうが良いですね。

長い旅も良いですが、船に乗っている間は食べ放題になるので簡単に食べ過ぎになってしまいますので、さすがに日数が多いとすこし後が怖いです。

船について

によって設備が変わってきますので、どの船にするかは重要なことです。船はローテーションされるので、船で日程を決めるのもアリですね。ローテーション期間は長いですから、乗りたい船を逃すとかなり長い間まわってきません。

シンガポールが母港なのはVoyager classのMariner of the Seasだけで、Voyager of the SeasLegend of the SeasOvation of the Seasなどが回ってきます。2016年進水のOvation of the Seasが来年シンガポールに来ますのでぜひ乗ってみたい。

部屋について

船の旅なのにテラスがないのは悲しいですね。最低限テラスがある部屋にすることをお勧めします。予約は部屋番号を指定して行います。部屋番号のマップはホームページにDECK PLANが載っているので確認できます。

お勧めは出来るだけ上のデッキのテラスの広いスイートを選びたいです。ただ良い部屋はすぐ埋まります。船の形によって同じクラスでも部屋の大きさやテラスの大きさが変わってきますので、マップをみて確認してみてください。ソファーベットが付いている部屋は4人で問題なく泊まれます。

テラスが無くて、しかも窓が船の内側のモール側についているような部屋もあります。窓が外に向いていても小さくて開かない部屋もあります。ギャンブルと食事しかしないので部屋には寝るだけのような人にはかなりお買い得な選択ですね。

出航前の準備

Online Check-inを済ませておく

出航の3日前までにOnline Check-inを完了させておきます。当日港でもCheck-inできますが、色々記入するのも面倒なので完了させておきましょう。

フォーマルな服装を忘れずに

夕食時、日ごとにドレスコードが決まっていてフォーマル指定の日が絶対にあります。男はスーツ、女はイブニングドレスが基本のようですが、日本以外のアジアから出る船でこれは厳しいですね。全然守られていないです。

ちなみに船に乗る際にも、襟付きを着てくることなど規定があるのですが、もちろん守られません。たまにはフォーマルを着るのも良いのですが、荷物が増えて重くなるのでやめてほしいかな。

Bath amenity

シャンプーやリンスや歯ブラシはないです。持って行きましょう。船で買うことはできますが、選択肢はないし売り切れます。

出航当日

大抵出航時間の一時間半くらい前にはゲートがクローズしてしまうので、それまでに入る必要があります。

デッキ毎に乗船時間が違う

上のデッキからの乗船になります。なのでできるだけ上のデッキの部屋をとることをお勧めします。デッキ10だと10時30分くらいから乗船して食事したり、施設で遊んだり開始できます。一番下のデッキだと出航直前の3時とかになります。

Marina Bay Cruise Centre

Marina Bay Cruise Centreからの出航です。Marina Bay Cruise Centreでタクシーを降りるとすぐに大きな荷物を預けます。中はシンプルなつくりでみんな同じ船に乗るので迷うことはないと思います。

Seapass Card

Seapass Cardという船内の会計用のカード兼ルームキーが全員分貰えます。

乗船後

乗船するとパスポートを没収されます。パスポートは最終日前日に返してもらいます。

CRUISE COMPASSを熟読

CRUISE COMPASSという毎日発行されるガイドがあるのですが、これを読んでください。その日にあるイベントやショーの時間やスターボードサイド(右舷)、ポートサイド(左舷)での割り当てだったり、夕食の予約時間でグループ分けするものあります。一応何時イベントやショーに行くか計画しておきたいです。でもこういった割り当ては利用時チェックされないので気にしないで計画しても良いかなと思います。

また色々な設備のオープン時間も日によって違うので、毎日CRUISE COMPASSで確認しておきたいです。

安全訓練

船が港を出る前に安全訓練があります。4時くらいです。家族で行動しますので、そのくらいの時間にはみんな集まっておきたいです。

食べ放題生活開始

食事は基本無料で、一部の飲み物も無料ですが、基本飲み物は有料です。アルコールも含めて飲み放題のプランを買うこともできます。でもアルコールは良心的な値段なので飲み放題でなくても高くないです。

Windjammer Cafeはビュッフェ形式で、カジュアルな服装でもOKです。ダイニングルームはウエイター・ウエイトレスがサービスしてくれてメニューから料理を選んで食事ができます。ここも食べ放題に近くてデザートも含めて何皿食べても良い感じです。

アイススケートやクライミングは署名が必要

アイススケートやクライミングをする際には権利放棄の署名をする必要があります。予定しているのであれば早く済ませておきたいです。

寄港先で下船

パスポートを船に預けているのですが、パスポート無しで下船できます。でもこれってMalaysiaだけかな。Seapass Cardを無くすと面倒なことになりそうです。身分証明書はパスポート以外も持っておく必要がありますね。

下船

前日にパスポートを受け取ります。トランクも番号の付いたタグを付けて前日に出す必要があります。この番号で下船の時間が決まります。

最終日CRUISE COMPASSはありません。朝食は朝早くて時間が短いので気を付けましょう。早く下船したほうが入国審査が混まないので良いですね。




スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!