海外からの閲覧禁止サイトの回避方法

海外からの閲覧を禁止しているサイトの仕組み

動画閲覧系のサービスなど海外からのアクセスを禁止しているものがありますが、実際に海外からそういったサイトに入ると「海外からは閲覧できません。」などのメッセージが表示されてしまうことがありますよね。それはIPアドレスから登録されている国、都市名などの情報がわかるからです。StarHubとかからアクセスしているとすぐにシンガポールからのアクセスだとばれてしまいます。

日本のIPアドレスを使えば分からない

日本にサーバーがあって、シンガポールのIPアドレスを、日本のサーバーのIPアドレスに変換してくれれば、海外からのアクセスを禁止しているような動画サイトは、日本からのアクセスだとみなして拒否しなくなります。このようにあるIPアドレスから、他のIPアドレスに変換することはVPNを使うとできます。

VPNって難しそう

VPNの仕組みとか、本来の用途とか、知らなくて大丈夫です。必要なのは日本にあるVPNサーバーを提供してくれるサービスを決めることと、自分のPCや携帯にVPNの設定ができることです。ちなみにアメリカにVPNサーバーがあればアメリカのIPアドレスも使うことができますね。

でもVPNを使って自分があたかも日本にいるように見せても、なぜかばれてしまうことがあります。実はVPNのIPアドレスが海外からのVPNサービスを提供しているものだとばれてしまうと、そのIPアドレスがたとえ日本のものであっても、拒否されてしまうこともあります。VPNサービスに契約するときには無料お試し期間とかで自分が使いたいサイトがアクセスできるか確認が必要です。

VPNサービス

無料のVPNは遅いので使えないのと、IPアドレスがバレバレで使えないです。海外のVPNは日本にサーバーの数が少ないのと、IPが変更されていなくてすでにばれてしまっていることが多いです。いろいろ試しましたが、やはり日本のVPNサービスが良いと思います。

有料のVPNサービスは、おおよそ月1000円くらいが相場だと思います。あと家で、携帯で、家族でと考えると3接続くらい同時接続できたほうが使い勝手が良いです。おすすめのVPNサービスはセカイVPNです。セカイVPNは申込日の翌月末まで最大60日まで無料で使えるので、月の初めに入ると長期間無料体験ができてしまいます。

セカイVPNの登録方法
VPNを利用すると海外にいても、日本だけなど地域限定のサービスを利用できたりできます。海外在住であればあると便利なサービスです。私も使ってい...



PCや携帯での設定

Windows 10にもiOSにもAndroidにもVPN設定は標準で用意されていますので、サーバーのアドレスとIDとパスワードがもらえれば設定は非常に簡単ですし、何もインストールする必要はありません。

VPNサービスのなかには専用のツールを用いて複数のサーバーから負荷の少ないサーバーを選んで接続するタイプのものもあります。その場合は専用のツールをインストールする必要があります。

またもしもVPNサービスがプロトコルでOpenVPNをサポートしているのであれば、セキュリティやパフォーマンスを考えるとOpenVPNクライアントをインストールして使うのが良いと思います。OpenVPNクライアントはWindows/Mac/Linux/iOS/Androidをサポートしています。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

海外からの閲覧禁止サイトの回避方法
この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!