シンガポールのコンセント

シンガポールのコンセントは基本的にBFタイプで電圧は230Vです。四角い穴が三つ開いているタイプです。横に必ずスイッチがついています。日本と違って電圧が高いですから、抜き差しするときに必ずOFFにして行います。

outlet

シンガポールのコンセント

plug

電源プラグ

電源プラグも日本のと比べると大きいです。写真で上がアースで、下の二本に230V流れています。足の根本付近は絶縁になっていて、もしもスイッチを切らないでプラグを抜いてその拍子に触ってしまっても極力影響がないようにはなっています。

日本から持ってきたものは230Vにも対応したアダプター関係は当然そのままは刺さりませんので、変換アダプタを使うことで接続できます。よくいろいろなタイプに対応した複雑な変換アダプターも売っていますが、デカ過ぎるのと頻繁に利用していると壊れるのと、あまり信用できないので下の写真のようなシンプルなものが普段使いには安くてよいと思います。

adaptor

変換アダプタ

シンガポールで家電を買うと、たまにCタイプのプラグがついてくることがあります。このままだとコンセントに入りそうですが、刺さりません。

c type plug

Cタイプのプラグ

でもその場合には、プラグキー(Plugkey)と呼ばれるアダプタをコンセントに差し込んだ後に、Cタイプのプラグを差し込むことができます。このプラグキーはスーパーなどで1ドル程度で売っています。

plugkey

プラグキー

たまにシンガポールにはB3タイプもあるといわれることもあるのですが、B3タイプはほとんどありません。B3の洗濯機があるとか特殊な状況でない限り壁にB3タイプのコンセントがついていることはないと思います。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!