シンガポールで銀行口座開設

銀行口座はシンガポールで生活していく上で絶対に必要なものですね。私は早速2行の口座開設を行いました。ひとつがローカルの銀行のDBS、もうひとつがCitibankです。
口座を開設する前に、どこの銀行が良いか迷いますよね。日本のように口座維持は無料ではなく、ある程度お金を入れておく必要がありますので無闇に作るのもどうかと思います。よく考えて作りたいですね。

ローカルの銀行であれば、DBS(Development Bank of Singapore)、POSB(Post Office Saving Bank)、OCBC(Overseas Chinese Banking)、UOB(United Overseas Bank)です。海外の銀行であればCitibank、Standard Chartered Bank、HSBCなどなど色々あります。
ローカルの銀行はどれも日本の銀行よりも遥かに健全ですので、そこらへんのリスクはあまり考え無くても良いかと思います。

ATMのことを考えると、やはりローカルの銀行の方がATMが至る所にあって便利です。ATMはもちろん24時間無料で使えます。試していないですが別の銀行のATMでも下ろせると思いますが、$2くらいの手数料がかかったと思います。

日本に送金とかを考えると、Citibankが一番便利で手数料が安いです。日本にCitibankの口座があれば、手数料なしで送金できます。海外送金はシンガポールでは当たり前でローカルの銀行でも手数料は$10程度で安いです。でも為替手数料もありますのでCitibankがやっぱり良いですね。

私は毎月送金する予定なのでメインはCitibankにしました。でもATMが少ないので財布代わりの銀行としてローカル銀行のDBSの口座も開きました。ただ$5,000入れていないと手数料が毎月$2かかります。

銀行口座開設手続きはEPを持っていれば、結構簡単です。EPを持って銀行に行き、カウンターで口座開設したいことを伝えると、個室に通されて、言われるがまま書類に記入すればあっという間に口座開設できます。土曜日に口座開設できるところも多いですから便利ですね。SavingにするとかCurrent(Checking)にするとかあるかと思いますが、シンガポールでは小切手をたまに使いますので、メインの口座はCurrentが良いと思います。サブはSavingで十分ですね。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!