シンガポールからJohor Bahruへの行き方

Johor Bahruはマレーシアで第二の規模の都市でジョホール海峡を挟んだ対岸にあります。マレーシアの入国審査のあるJB Sentralを抜けるとすぐにJohor Bahruの市街地に出られますので、小旅行気分で日帰りでちょっと買い物に出かけたりもできます。

JB Sentralに行く方法は、自分の車があれば簡単ですが公共の交通機関を使うのであればバス、タクシー、電車が使えます。

バスを使う

時間はかかりますが、Johor Bahruの滞在時間が短いのであれば長い移動時間も対して苦にならないでしょう。何よりも安いのが良いです。

直接JB Sentralに行けると良いのですが、一旦Woodlandsのcheckpointで降りて出国手続きを行う必要があります。

Woodlandsで出国手続きを終えてからJB Sentralまで乗ってきたバスと同じ会社のバスに乗るのであれば料金はかならないので、基本的に同じバスに乗ります。SBS TransitとSMRT、Causeway Linkはバスの本数が多いので、必ずしも同じバスに乗る必要はありません。

帰りもJB Sentinelで出国手続きをした後に、バスに乗りWoodlandsのcheckpointに着いたら降りて入国審査を行います。

SBS TransitとSMRT

SBS Transitだと青色プレートの160番がJurong East Interchangeから、青色プレートの170番がKranji MRT駅から出ています。SMRTだと950番がWoodlands Temporary Bus Interchangeから出ています。

MRTを使うのであれば、Kranjiで170番か、Woodlandsで950番が便利ですね。gothere.sgで最短ルートを検索するのもの良いですが、Woodland Checkpointを目的地にして検索すると160、170、950番以外のルートも出てくるのですが、外から歩くのは面倒なので160、170、950番を使うルートを選びたいです。

gothere.sgアプリの使い方
公共交通機関を活用するうえで便利なサイトgothere.sgを以前紹介しましたが、今回はそのiPhoneアプリを紹介したいと思います。 ...

普通のバスですからEZ linkで簡単に支払いができるので便利で安いです。帰りは逆を辿るだけです。

Causeway Link

Causeway LinkだとCW1がKranji MRTから, CW2がQueen Street Bus Terminalから, CW5がNewton Circusから出ています。Causeway Linkはどれも15~30分に一本出ているのと、CW1とCW2は出国後にLarkin Bus Terminalまで乗って行けるので北側に用事があるならば便利でしょう。

料金はCW1が行き1.5ドル、帰りRM1.90で、CW2とCW5は行き3.3ドル、帰りRM3.40です。

Transtar

TransterはTS1がChangiから、TS8がSentosaから出ています。どちらも途中に止まるバス停があって、色々なところから乗れるので便利です。

個人的にはTS8をOpp Great World Cityに止まるので主に利用します。ただ本数が一時間に一本くらいなのと、Woodlandsに着いて発車するまで15分もないので出国手続きや入国審査に時間が取られたりトイレに行ったりすると乗っていたバスに置いて行かれて、次のバスを一時間待つ必要があるので気を付ける必要があります。

Transterのページに止まるバス停とスケジュールと料金がありますので確認してみてください。

料金は参考までにGreat World Cityからだと行きは4ドルで乗る場所によって変わります。帰りはRM5.00です。EZ linkで支払いができます。

タクシーを使う

シンガポールからレゴランドへの行き方」の記事に書いたように、Ban San St. Taxi Kioskで乗ればJB Sentralまで70ドルでつれて行ってくれます。

でも目的地がJB Sentralでタクシーに乗るのはもったいない気がします。であれば普通のタクシーで外にあるタクシースタンドで降りて、歩いてcheckpointに入ってから出国してバスに乗ってJB Sentralに行くほうが合理的です。

帰りはマレーシアのタクシーで帰ることもできますが、降りる場所はBan San St. Taxi Kioskに限られます。

電車を使う

私は使ったことはありませんが、Woodlands checkpointからJB Sentralまで電車が走っています。Shuttle TebrauというKTMが一日に12本位運行してる電車です。5分くらいで着くので橋が渋滞しているときには便利でしょうが、本数が少ないので結局待ち時間が発生するのであまり利点はないでしょう。

この電車はマレーシアに住んでいてシンガポールに勤めている人が渋滞の影響を受けずに通勤できるように存在しているようなもので、観光客が使うようなものではありません。電車が出ている時間も出勤時間に合うように設定されているようです。

チケットは現地で買うこともできるようですが、オンラインで買うこともできます。ただしKTMのアカウントを作る必要があります。料金は行き5ドル、帰りRM5.00です。チケットはすぐに売り切れるそうなので現地で買うのは難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

シンガポールからJohor Bahruへの行き方
この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!