ez-linkカード

日本では電車に乗るときはPASMOやSUICAなどで非接触型のICカードに慣れていると思いますが、シンガポールでもez-linkカードと呼ばれている同様の非接触型のICカードが電車やバスで利用できます。日本と同じでタップするだけですので便利ですね。電車やバスだけでなく、様々な店舗でも利用できる点も日本と同じです。

じゃあモバイルSUICAみたいな携帯につけられるのはと思うのですが、実はシンガポールでもあります。ez-link nfcと言いますが、でも利用できる機種が限られていて、こっちでメジャーなiPhone5や、BlackBerryでは対応していないこともあって使っている人をほとんど見たことがありません。

このカードをどこで手に入れるかですが、大抵はMRTに乗る際にTicket Officeで買うことになるかと思います。ここ以外にもConcession Card Replacement OfficeやPassenger Service Centreとかでも買うことができます。少し値段が変わるのですが7-Elevenや郵便局でも買うことができます。

どこで買っても5ドルの手数料が取られます。日本は500円戻ってくるのですが、ez-linkは純粋に手数料ですね。Ticket Officeでは12ドルで販売していて7ドルがチャージ金額になります。もちろんその場でチャージして金額をもっと増やして購入することもできます。7-Elevenは10ドルで買えて、5ドルがチャージ分、郵便局はチャージ金額なしのカードが買えます。下に表にまとめます。

場所販売価格チャージ金額手数料
TransitLink Ticket Offices, Concession Card Replacement Offices, Passenger Services Centres$12$7$5
7-Eleven stores$10$5$5
SingPost outlets$50$5
スポンサーリンク
ブログランキング

こちらにもシンガポール情報が満載です。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

フォローする

ez-linkカード
この記事をお届けした
シンガポール駐在員ブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!